マサルッチです。

 

今回も、引き続き2019年〜20年の冬に東京多摩地区で撮影した

ダイヤモンド富士シリーズの続編で、第14弾です。

 

今回の場所は、東京・八王子市の浅川左岸・暁橋下流付近。

橋の北詰から堤防上を約70m下ったあたりでの撮影です。

 

撮影日は、2019年12月14日です。

結構良さげな気象条件なのに、ここで撮っていたのは自分だけ。

少し不安に思えて、堤防を行き交う人々のその先を眺めると、

よくお見かけする方々は、もっと下流側にいらしたようでした。

この日はどっちが良かったのかなぁ…。

 

写真は、全7枚です。

富士山は、対岸の建物の間に顔を覗かせる感じで見えます。

普段はただただ邪魔に感じるどこかのお宅のVHFアンテナも、

もはや絶滅危惧種と思えば懐かしい風景にも見えなくもない、

そんな八王子の夕日の風景です(そうでもないか...)。

 

今回の写真も、ぜひ見てみてください。m(_ _)m

 

 

 

----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
暁橋下流(7枚)
----------------------------------------------------
 

 

 

マサルッチです。

 

今回も、引き続き2019年〜20年の冬に東京多摩地区で撮影した

ダイヤモンド富士シリーズの続編で、第13弾になります。

 

今回の場所は、東京・八王子市の富士見町にある高台。

八王子富士見郵便局から西に約300m進むと、崖上の雑木林が

部分的に切り開かれた一角があり、そこが今回の撮影場所です。

 

撮影日は、2019年12月12日です。

前回分の撮影から丸1週間、なかなか時間が作れなくて、

この日はようやく時間が出来たタイミングでの快晴。

雲が湧いてこないことを祈りつつ写真を撮りに行きました。

 

写真は、全6枚になります。

左側に道志の大室山、真ん中に富士山、右側には八王子のビル、

そして、そのビルで遮られている山が高尾山、という風景です。

高尾山だけ少し惜しい感じもしますが、仕方がないんですねー。

今回の写真も、よかったら、是非ぜひ見てみてくださいです。

 

 

 

----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
八王子富士見町の高台(6枚)
----------------------------------------------------
 

 

 

マサルッチです。

 

今回も引き続き、2019年〜2020年の冬に東京多摩地区で撮影した

ダイヤモンド富士シリーズの続編で、第12弾(ただしNG回)です。

 

今回の場所は、東京・八王子市を流れる浅川の左岸堤防で、

大和田河川敷広場の少し上流側辺り。

R20大和田橋とJR八高線浅川橋梁のほぼ中間位の場所になります。

 

撮影日は、2019年12月5日です。

大和田橋から河川敷広場に向かって川沿いを歩いていくと、

富士山が垣間見える場所が複数あり、どこで撮るか行ったり来たり。

そうこうしているうちに何やら不穏な雲がどんどん増えてきて、

とうとう太陽までもが雲に隠れてNG回となってしまいました。

 

写真は、全5枚です。

文字通り、一縷の望みが潰えて一抹の寂しさが残った…みたいな、

ショボボボボーンな内容となっております。()

今回の写真も、よかったら、是非ぜひ見てみてくださいです。

 

 

 

----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
大和田河川敷広場上流(5枚)
----------------------------------------------------
 

 

 

 

マサルッチです。

 

今回も引き続き、2019年〜2020年の冬に東京多摩地区で撮影した

ダイヤモンド富士シリーズの続編で、第11弾をアップします。

 

今回の場所は、東京・立川市の多摩川左岸・日野橋付近。

橋のたもとの「立川市営野球場前」交差点の上流側の歩道脇に

「バイク 乗入禁止 立川市」と書かれた十数段の階段があり、

その階段を登った先の公園みたいな所が今回の撮影場所です。

 

撮影日は、2019年12月4日。

実は、今回の場所からの富士山には、鉄塔と電線が被ります。

なので、この日はさらに上流側に移動…するか悩んだ挙げ句、

太陽が富士山頂から外れるのを心配し過ぎて結局動けず。

結果、移動がベターだった!?的な写真が沢山撮れました(凹)。

 

写真は、全6枚になります。

ちなみに、1枚目の左端に写っているのが日野橋です。

2019年10月の台風で橋脚が沈下して通行止めのままでした。

よく見ると、橋の途中がカクンってなっていますよね。

復旧っていうのは、言葉でいうほど簡単にはできないものですね。

 

今回の写真も、よかったら、是非ぜひ見てみてくださいです。

 

 

 

----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
日野橋北詰付近(6枚)
----------------------------------------------------
 

 

 

 

マサルッチです。

 

今回も、引き続き、2019年〜2020年の冬に東京多摩地区で撮影した

ダイヤモンド富士シリーズの続編で、第10弾をアップします。

 

今回の場所は、東京・日野市の神明二丁目交差点付近。

国道20号線日野バイパスと日野の市役所通りが交差する場所です。

交差点自体は、神明野鳥の森という緑地に視界が阻まれていますが、

少し南に下った歩道両脇の休憩スペース周辺から富士山が望めます。

 

撮影日は、 2019年12月1日です。

当初この日は別の場所を目指していたものの、時間的に厳しくなり

目と鼻の先にコインパーキングとコンビニがあるこの場所に変更。

結果として、太陽の位置的にも、この場所で良かった印象でした。

 

写真は、全8枚になります。

正式には、いずれもレンズ雲ということになるんでしょうか。

富士山にはいわゆる笠雲、また風下には吊るし雲が複数出ていて、

この日は笠雲を貫いて富士山頂に消えていく夕日が見られました。

今回の写真も、よかったら、是非ぜひ見てみてくださいです。

 

 

 

----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
神明二丁目交差点南側(8枚)
----------------------------------------------------