マサルッチです。

 

引き続き今回も、2019年〜20年の冬に東京多摩地区で撮影した

ダイヤモンド富士シリーズの続編で、第19弾をアップします。

 

今回の場所は、東京・八王子市の浅川左岸・暁公園付近。

以前掲載した暁橋上流ポイントのさらに上流側となりますが、

距離はあまり離れてなくて、条件もほぼ同じ。…というか、

そのときの1枚目の右端に写る木々の先が今回の撮影場所です。

 

撮影日は、2019年12月27日です。

この日は冬らしい青空で、北風が強く、富士山の山頂は、

例の雪煙か何かが吹き荒れているように見えました。

雲は散見されたものの、撮影には支障ありませんでした。

 

写真は、全6枚です。

正直、こういう、富士山の山頂が吹き荒れているような日は、

風が弱まってくれたら良いのにって心が少しモヤモヤします。

だけどまた、これが吹き止まないのが富士山なんですよねー。

今回の写真も、よかったらぜひ見てみてください。

 

 

 

----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
暁公園付近(6枚)
----------------------------------------------------

 

 

 

マサルッチです。

 

今回も、引き続き、2019年〜20年の冬に東京多摩地区で撮影した

ダイヤモンド富士シリーズの続編で、第18弾をアップします。

 

今回の場所は、東京・八王子市のひよどり台公園。

正直、富士山は、山頂付近のごくごく一部しか見えないのですが、

富士山と高尾山が上下に並んで見える、気になる場所なんです。

 

撮影日は、2019年12月25日(冬至+3日目)。

この場所で太陽が富士山頂に沈むのは冬至の前後と思われますが、

天気が悪かったり、都合が悪かったり、立川で撮ってたりして、

気がつけば、冬至を3日も過ぎて、普通に遅めでの撮影でした。

 

写真は、全6枚です。

結果、太陽が富士山頂におさまらず右に少しはみ出たものの、

富士山の山頂は最後まで隠れずに、無事に撮影が出来ました。

もしまた機会があったら、今度はあと3日早く行きたいですね。

今回も、よかったらぜひ見てください。m(_ _)m

 

 

 

----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
ひよどり台公園(6枚)
----------------------------------------------------

 


※以前ご紹介したひよどり公園と名称が似ていますが、ここは約400m離れた別の公園です。

 

 

 

マサルッチです。

 

今回も、引き続き、2019年〜20年の冬に東京多摩地区で撮影した

ダイヤモンド富士シリーズの続編で、第17弾(NG回)です。

 

今回の場所は、東京・立川市の旧けやき台小学校付近。

校舎跡地の西側道路に、周囲より一段高くなった区間があり、

住宅街越しに富士山が見えるポイントがあります。

 

撮影日は、2019年12月24日(冬至+2日目)です。

色々調べると、太陽が最も富士山頂に接近する冬至の前後でも、

この場所では太陽は山頂をオーバーしそうな位置関係でしたが、

一応、そうなるかも確認したくて、この日はここに行きました。

 

写真は、全6枚です。

結果、富士山は頑張って姿を見せ続けてくれていたものの、

雲で太陽の位置が曖昧になり、今回は確認不能になりました。

ただ、4枚目では、かろうじて、太陽が富士山頂の右側半分に

のっているように見えるような(!?)、見えないような(!?)。

そうだとしたら、雲がなければ、意外と悪くないカモですね。

 

今回も、よかったら、是非ぜひ見てみてくださいです。

 

 

 

 

----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
旧けやき台小学校西側(6枚)
----------------------------------------------------


 

 

 

マサルッチです。

 

今回も、引き続き、2019年〜20年の冬に東京多摩地区で撮影した

ダイヤモンド富士シリーズの続編で、第16弾をアップします。

 

今回の場所は、東京・八王子市の大泉寺西側にある歩行者用通路。

右田病院の前の信号のない交差点を北側に約40m進み、

歩道右側にある長めの階段を登りきった先辺りからの撮影です。

ここは、八王子の街並みと富士山が望めることで知られています。

 

撮影日は、2019年12月16日です。

この日は穏やかな晴れで、丹沢の稜線もよく見えていました。

太陽が稜線に近づくにつれて、薄雲が気になったものの、

直前にはクリアになって支障なく撮影することが出来ました。

 

今回の写真は、全6枚です。

位置的にひよどり山の南側の傾斜面にあたり、日当たりもよく、

山が北風を遮ってくれていたのか、ずっとポカポカな時間でした。

そんな柔らかな空気感が、写真でも伝わると良いなと思います。

今回の写真も、是非ぜひ見てみてくださいです。m(_ _)m

 

 

 

----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
大泉寺西側の通路(6枚)
----------------------------------------------------
 

 

 

マサルッチです。

 

今回も、引き続き、2019年〜20年の冬に東京多摩地区で撮影した

ダイヤモンド富士シリーズの続編で、第15弾をアップします。

 

今回の場所は、東京・八王子市の浅川左岸・暁橋上流付近。

橋から約120m、前回の場所から約190m上った辺りになります。

 

撮影日は、2019年12月15日です。

折り返しの冬至を目前に、2日連続での撮影に臨んだものの、

前日の撮影場所からどの位移動するのが良いかは手探りで、

結果的に、なんとか想定の範囲に収まってくれた感じでした。

 

今回の写真は、全10枚です。

ここからの富士山は、手前の高尾山に遮られて少し窮屈気味…。

それでも、富士山と高尾山が肩を並べる風景は個人的に好きで、

今回は、いつもより多めにアップしています。

今回の写真も、是非ぜひ見てみてくださいです。m(_ _)m

 

 

----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
暁橋上流(10枚)
----------------------------------------------------