マサルッチです。

 

今回も、引き続き、2019年〜20年の冬に東京多摩地区で撮影した

ダイヤモンド富士シリーズの続編で、第17弾(NG回)です。

 

今回の場所は、東京・立川市の旧けやき台小学校付近。

校舎跡地の西側道路に、周囲より一段高くなった区間があり、

住宅街越しに富士山が見えるポイントがあります。

 

撮影日は、2019年12月24日(冬至+2日目)です。

色々調べると、太陽が最も富士山頂に接近する冬至の前後でも、

この場所では太陽は山頂をオーバーしそうな位置関係でしたが、

一応、そうなるかも確認したくて、この日はここに行きました。

 

写真は、全6枚です。

結果、富士山は頑張って姿を見せ続けてくれていたものの、

雲で太陽の位置が曖昧になり、今回は確認不能になりました。

ただ、4枚目では、かろうじて、太陽が富士山頂の右側半分に

のっているように見えるような(!?)、見えないような(!?)。

そうだとしたら、雲がなければ、意外と悪くないカモですね。

 

今回も、よかったら、是非ぜひ見てみてくださいです。

 

 

 

 

----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
旧けやき台小学校西側(6枚)
----------------------------------------------------